ダイイチの印刷用データ

印刷用データ

データ作成上の注意点

【注意事項】Adobe Illustrator

保存形式について

・保存はEPS形式にしてください。(カラーの場合はEPSカラー)
・互換性を必ず制作したバージョンで保存してください。

貼り込み画像について

・画像は「配置」又は埋め込んでください。「配置」の場合はリンク画像も必ず添付(同封)してください。
・貼り込み画像の保存は「EPS」または「JPEG」形式にしてください。
・貼り込み画像の解像度は、原寸で200~350dpiを推奨します。

トンボについて

・トンボはトリムマークを使用してください。
・トンボの外側に不要なオブジェクトを残さないでください。

フォントについて

・文字化けなどのトラブルの原因となりますので、全てのフォントに対してアウトライン処理してください。

その他

・不要なレイヤーは削除し、オブジェクトのロックは解除してください。
・孤立点は削除してください。(出力エラーの原因となります。)
・塗り足しがある時は3mm分仕上げより外に出してください。
・墨などのノセがある場合は、オーバープリントのチェックをしてください。(スミ以外にオーバープリントを設定しないでください。)その時には原稿などに「ブラックオーバープリント処理済み」と明記してください。
・特色指定は別に注記し、特色で印刷しないときは、CMYKに分解してください。

△このページのトップに戻る

【注意事項】Adobe Photoshop

解像度について

・画像解像度が72dpiや他の解像度(デジタルカメラデータ等)の画像は350dpiの高解像度にした画像を用意してください。
※メニューの中のイメージで、画像解像度にてチェックしてください。

保存形式について

・レイヤーをすべて統合し、TIFF・JPEG最高画質形式で保存してください。
※統合する前(レイヤー状態)のデータを保存し、残しておいてください。

画像モードについて

・画像モードを1色刷の場合はグレースケール、その他の場合はCMYKモードでにしてください。RGBカラーではご入稿しないでください。



その他の注意事項
CD・DVDなどのメディアは、ケースやエアパッキンなどで保護して発送してください。
運送中のメディアの破損については、当社では責任を負いません。

著作権、肖像権の問題がおこる可能性があるデータは、お客様ご自身が責任をとられ、当社は一切責任を負わないという念書をいただきます。

必ず天地方向を指示してください。指示がないと意向と違う天地面付けになっていても、当社は責任を負いません。

お送りいただきましたメディアの返却はいたしておりません。

ページのトップへ戻る